進撃の巨人1~最新22巻のネタバレ感想まとめ!中二病扱いが不憫

進撃の巨人1巻〜21巻までのネタバレ感想!

はじめは、タイトルがカッコ良いから読み始めてみました。

進撃!!ってのがたまらず表紙がカッコよかったのも購入理由です。

進撃の巨人1~最新22巻のネタバレ感想まとめ!中二病扱いが不憫

「進撃の巨人1巻」を無料フルダウンロード!1冊分をすべて読む!

主人公が巨人に食われる

最初はよくわからない物語だと思って読んでいたら、戦闘が始まったらあっけなく主人公が巨人に食われる。

絵のグロさも相まってかなり悲惨な状態に。

絵のグロさも相まってかなり悲惨な状態

そこから、主人公が巨人になって復活!!的をバタバタ倒していく快進撃。

読んでで久しぶりにわくわくするストーリーで、それぞれのキャラクターも個性的で特に、リヴァイ兵長がダントツにカッコ良いです。

主人公が巨人に食われる

壁の秘密や巨人の秘密などだんだん解明

物語が進むにつれて、壁の秘密や巨人の秘密などだんだん解明されてて、戦闘シーン以外でも心理戦が繰り広げられてて先が読めない漫画です。

残念なことは、主要キャラクターがバタバタと巨人の餌食になってしまうので、読んでて寂しくなることもあります。


アニメ化もされるし、映画化もされたし、社会現象を起こすぐらいの久々に楽しみな物語が続いてます。

これからも、新しいキャラクターでてくるのか?とか先の読めない漫画に出会いました。

主要キャラクターがバタバタと巨人の餌食

最新の「進撃の巨人」22巻のネタバレ感想!

ついに、どのようにして巨人が作られていったか、過去の歴史が紐解かれ、題名の「進撃の巨人」とは何かも明らかになります。

エルディアの復活を願ったエレンの父親グリシャの記憶からわかるのですが、そのシーンはグリシャが無垢な巨人から命からがら逃げながら、ようやく居住地の壁近くまでたどり着き、シャーディス教官に出会うという印象的なものです。

最新の「進撃の巨人」22巻のネタバレ感想

「進撃の巨人22巻」を無料フルダウンロード!※ネタバレ感想あり

“思春期特有の症状”として散々な扱い

そこで1話の区切りがあり、「次はどんな展開に?」と期待しながら次のページをめくると、牢獄の中で「進撃の巨人」とつぶやいたエレンを調査兵団の面々が“思春期特有の症状”として散々な扱いをする、まさかの展開。

とても意味深で重要なシーンからの落差に思わず笑いました。

しかも、仮にも主人公のエレンを中二病の痛いヤツ扱いで、「進撃の巨人」発言に対するハンジの容赦ない詰問が懲罰10日分に相当するとは・・・

W主人公のエレンを中二病の痛いヤツ扱い

エレンが可哀想すぎる・・・w

その後、今後の体制や方針についての重要な会議が行われますが、しばらくまじめな内容が続いて忘れたころに、またしてもエレンが中二病扱いを受けます。

エレンが可哀想すぎる

しかも、今度はお偉いさんも勢揃いの重要な会議で、エレンがとても重要な気づきを得て思わず「まさか!?」と立ち上がる。

これもまた、本来ならそこを起点に物語が急展開してもいいような場面です。

ここでは、結局エレンがいじられるばかりで話が展開することはなかったので、今後、どの状況で扱われていくか逆に楽しみです。

調査兵団の面々が“思春期特有の症状

本来なら、“何が善で悪なのかは立場や価値観によって異なるのだ”というのが持つべき感想だと思いますが、あまりにもエレンの中二病扱いが不憫になり、ついそこに意識が向いてしまいました。

以上「進撃の巨人1~最新22巻のネタバレ感想まとめ!中二病扱いが不憫」でした!要ちぇき!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>