映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」は無料視聴できない?

映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」はどこにあるの~~~!?

どこも探しても見つからない~~~!!!

映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」 無料動画

そんなときは、やっぱ大手のTSUTAYAディスカスが最後の砦ですね(*^^*)

アレコレ探しましたが、それが何だかんだ近道です。

無料からですし。

映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」 高画質


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

それに違法の無料アップロードされた動画は危険がいっぱいです。

たとえば・・・

YouTubeデイリーモーション

パンドラやAniTube…

このあたりは許可もなくアップロードされた動画ばかり、

下手したら罰則もあるので、あまり堂々と楽しむのには不向き…

だから無料キャンペーンのうちに、大手TSUTAYAの宅配&動画配信サービスを使うのがベストです。

もう映画クラスタのあいだでは当たり前になってきていますけど、まだの方はぜひ試しみてくださいね。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」 フル映像

ホントに映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」は面白い?レビューを集めました

思いっきり結末がわかるようなネタバレもあったりしますので注意!

オリジナルを越えていく決意
オリジナルの『猿の惑星』に繋がっていく前日談なのかと思いきや、独自の大河ドラマとして発展していった今回のシリーズが、いよいよ佳境。評判もよくヒットもしているのだから、まだまだ続くかと思いきや、一旦ちゃんとストーリーに決着をつけてきた。

マット・リーヴスが監督を引き継いでから、明らかに人間より進化した猿側がメインになっていったが、人でないものを主人公にして、実写でここまでちゃんとドラマとして楽しめるのは凄い。技術面もそうだが、アンディ・サーキスを筆頭にしたモーションキャプチャー俳優たちには相応の演技賞があっていい。

そしてオリジナルから名前を引き継いだキャラクターたちが出てくるのはオールドファンの心をくすぐるが、役割が異なることで、また違う未来像が開けているのだと感じさせてくれるのがいい。世代を重ねていくこの先の物語も、できることなら観てみたいものである。

リーダー不在の時代にシーザーの勇姿が眩しい
オリジナルの1作目から半世紀。間を置いて続いてきたSFシリーズは、遂にパフォーマンス・キャプチャーという最先端技術を得て演技力を手に入れた猿たちが、素顔で演技する人間の俳優たちを完全に凌駕して、もしかしたら1作目のラストに繫がるのか?つまり、再リブートの可能性もあり得なくもないと感じさせて、一応幕を閉じる。
描くのは、人類が開発した妙薬によって高い知能を得てしまった猿たちが、その人類によって抹殺されようとする強烈な皮肉と、そこから立ち上がろうとするシーザーが垣間見せる理想のリーダー像だ。種族繁栄のために自己を犠牲にしようとするシーザーの有り様に、リーダー不在が極まる今の時代が重なって見えるのは、愚かな一国民の幻覚だろうか?
言葉を失う人類が平和をもたらす“新種”であるという皮肉
シーザーたちが旅の途中で遭遇する人間の少女は、人類を激減させたウイルスの影響なのか、話すことができなくなっている。エイプたちが彼女に与えた名はNova。ラテン語で「新星」を意味する(スーパーノヴァ=超新星という言葉で耳にする機会が多いはずだ)が、映画では逆説的に、言葉を話せない少女こそが(エイプと共生する)新しい人類だと示唆している。
人類は意思伝達の道具として言葉を獲得し、知識を共有して次世代に伝えることで文明を発展させたが、優秀になるほど競争心も高まり、政治的・経済的・軍事的に競争相手よりも優位に立つことが至上命題となってしまった。それに対し、シーザーらは「エイプス、トゥギャザー、ストロング」と訴える。団結こそが力なのだと。人類は知識の使い道を間違っている、という強烈な風刺が込められている。
猿人大河ドラマ。
ついに三部作が終焉を迎えオリジナルの要素がたくさん出てきた。コーネリアスとノヴァの登場。単純に結びつくわけではないけど、なぜ猿たちが社会を制し人間を支配するようになったのか非常に分かりやすく結んでいる。あぁこれで長きにわたったシーザーの苦悩(本当に可哀相なくらい)が終わるんだと思うとご苦労様~と涙が出てきた。

アカデミー賞級のとてもモーションキャプチャーとは思えない一体化した動きと表情には観客も見事に支配される。数々の名作を思わせる場面や仇役のハレルソンもバッチリ決めて猿人大河ドラマを見ているよう。リーダーたる者どうあるべきか非常に単純な姿勢すら保てない馬鹿だらけの政界にも渇を入れたような清々しさは選択を間違うと世界がどうなるかを突きつける。

だからそうなったのか!という納得が現実にならないことを祈るばかりだが、最近都下に出現している一匹猿がシーザーなんじゃないかと密に思う自分がいたりする。だって頭が良さそうだもん。

昔の猿の惑星は良かったー
CGを見せびらかしているだけようで、話のビルドアップがなかった。緊張感がない。悪役があまりにも駄目男で共感が全くできない。

引用:映画.com

なんともザワザワ・・・

まだ観ていない方は要チェックです。

TSUTAYAディスカスなら、ほかの作品やジャンル、つまり品揃えが抜群にイイですよ~!

圧倒的オススメ。

私も無料から試してみて、今やヘビーユーザーです(*´∀`)


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」のほかにも、気になった作品をどんどんリストに突っ込んでおくと後々便利ですよ!

コストパフォーマンス抜群!

こんなサービス欲しかったです!

TSUTAYAディスカスは、近くに店舗がないときに利用するのに最適です。

私は、車を持っていません。

だから電車を乗り継いで店舗にいかなければならないのですが、往復の電車賃で1000円超えてしまいます。

それならTSUTAYAディスカスで郵送してもらえばいいや、と思いサービス利用に至りました。

交通費でDVD借りれてしまいますから。

映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の1視聴分が交通費って・・・なんか悲しくなるじゃないですかw

無料でいいの?と思ったけど・・・

あるプランであれば、初回月は無料というオススメポイントもあります。

ついでにTポイントも貯まるので、貯まったポイントで自分にも還元されます!

もし満足いかなければ、無料のお試し期間中に解約すれば、お金がかからないという嬉しいサービスもあります。

まぁ私の場合は、やっぱり面白くてず~~~っと継続してますけどね。

さすがTSUTAYA…自信があるから最初は無料でいいわけですね。

ご自身の生活にあわせた使い方でOK

観たい映画を何本か定額リストに入れておくと、借りれるものから郵送されてくるので、家にいても自分が観たい映画を見れるという最高のサービスです。

ポストに投函されるので、家に不在のときでも受け取れますし、見終わったらすぐにポストに投函でまた新しい映画が送られてくるので、とても便利です。

映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」にも、そうして出会いました。

仕事をしていると、週末外にでるのが億劫になるような性格の人には、うってつけだと思います。

プランもあって、月々4本までのプランか、動画配信も見放題で映画も借り放題のプランになります。

映画を観る時間がそんなにないのであれば、前者で十分ですが、家で時間を持て余しているような場合であれば、後者のプランがオススメです。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

子どもが夢中になる平和な休日

私の場合は、子どももいます。

子どもが観たい映画をピックアップして、届けてもらったりもするので、映画をみて大人しくしてくれているので、平和な休日が過ごせます。

パソコンがなくても、動画配信であればスマホやタブレットから観ることが出来ますので、車移動でぐずりそうなときでも、チャイルドシートに座ってみせておけば、大人しくみていてくれるので、助かります。

映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」のほかにも、子ども向け、ファミリー向けのジャンルが一杯ありますからね!

毎日が少しでも刺激的になりますように

ヒトというのは、「他人がした経験も、自分のチカラにすることができる」らしいです。

だから映画で、未知の刺激をもらうことは、きっと脳にも良いはず。

毎日の生活にもメリハリがでてきます。

いざというときは、すぐに解約もネット上で出来るので、どこかに出かけていって手続きする必要もなく、便利です。

以上、「映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」は無料視聴できない?」でした!

まずは無料で試してみると、どんな感じか分かると思います。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>