「チェーザレ 破壊の創造者」の無料DL!zipより安全にフルで全て読む!

こんにちは!

漫画ソムリエのニャンゴローです♪

ちょっと「チェーザレ 破壊の創造者」の話の前に、いつもブログを読んでくれる方々へ注意警報を1点だけさせてください(´・ω・`)すぐ終わりマス

いきなりですけど知ってます~~~!?

どうも最近やたら目につくのですが…

「Zip」や「Rar」というファイル形式で、
漫画を違法アップロードしてるサイトがありますよね~(汗)

特に若い10代の子が、なにも知らずに「ラッキ~♪」と思って引っかかってるらしいです。でも「知らなかった」じゃ済まないことにもなりかねません…

ここだけの話、あれって「危険度:★★★★★」なんですよね。

私も漫画ヲタなので、最初はアリなのかな~?と思ってました。

だって気になる漫画全巻をタダで読めたら、働かなくてイイじゃないですかwww

けど調べてみると…

● ダウンロード者にも罰則がある
(※ 最悪、警察のお世話になる)

● ウイルスに感染する可能性がある
(※ 個人情報の抜き取り…etc)

というですね…つまり列記とした犯罪行為みたいなんです(ヒェ!)

専門家じゃないので間違ってたらゴメンナサイなんですが、とりあえずリスクがあるのは確かです。

ですから結局…

た、確かに私はクズなほうですけど、
犯罪に手を汚すのは勘弁~~~!(汗)

ということで諦めましたね。

もちろんセーフで済むこともありますが、ヒヤヒヤしながら毎日を過ごすのってイヤですし…

ws000002

なので、さすがに全巻無料というのは少ないですけど…

「チェーザレ 破壊の創造者」を

100%安心安全に(つまり合法でw)

1巻まるごと無料で読む方法をお伝えしま~す!

ws000000

漫画「チェーザレ 破壊の創造者」をタダで読みたい?なら…

もったいぶってもアレなので言いますね!

「U-NEXT(ユーネクスト)」でしたら安心して、
「チェーザレ 破壊の創造者」の電子書籍を1巻タダで読めま~す!


まずは無料お試しで読む!「U-NEXT」こちらをクリック!

1日、最低でも5冊くらいは読んでる漫画ソムリエのニャンゴローが、激選してみつけたサービスです。もちろん安全なサービスなので、思う存分に楽しんじゃってくださいませませ~♪

余談ですけど…どちらかというと「U-NEXT(ユーネクスト)」はTVドラマや映画の配信でポピュラーになったみたいですね。

そーいえば電車でスマホを使ってテレビを観てる人とか増えましたけど、アレってテレビ放送じゃなくて、今回の「U-NEXT(ユーネクスト)」のような配信サービスの利用者さんだったんですね。

お恥ずかしながら…使い始めてから初めて知りましたw

ws000001

で!漫画ヲタの私には嬉しいことに、70種類以上のゴシップやファッション系の雑誌も無料で読みまくれちゃいます!なにげに嬉しくないですかコレ♪

漫画がイチバンですけど雑誌も好きなんです(*´ω`*)

お試し期間が31日あるんで…

その間に「チェーザレ 破壊の創造者」を、
まったり読みふけってくださいまし!

つまり期間中であれば、実質タダで済んじゃうって魂胆ですな(ボソッ)

私は課金ユーザーですけどね~だってラインナップ充実してますもん。

それに…

これなら罰金もないし!警察に逮捕される心配もないし!

安心してゲス~いストーリーの漫画を楽しめちゃうって訳ですよー!w

やっぱりリラックスして読めないと、キュンキュンできるものもできませんからね。

「チェーザレ 破壊の創造者」のあらすじ

「私の母は娼婦――そして父は怪物だ」15世紀のイタリア、ルネッサンス時代。

現代政治学の祖・マキァヴェッリに「理想の君主」とまで謳われながら、歴史の闇に葬られた英雄チェザーレ・ボルジア。

争いに向かおうとする不穏な時代に、全ヨーロッパ統一という野望を抱いた男の戦いの物語。本邦未訳『サチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝』(イタリア語原書)を精査し惣領冬実が描く、華麗なるルネッサンス絵巻!

出典元:https://www.amazon.co.jp

「チェーザレ 破壊の創造者」を読んだ感想(ネタバレあり)

少女漫画の大御所、惣領冬美さんの描く歴史漫画です。

とにかく絵が壮麗で美しいです。

頭脳明晰で容姿端麗、貴族の御曹司である主人公チェーザレの美しさもさることながら、従者ミケロットをはじめとするほかの登場人物たちも繊細なタッチで描かれていてとにかく見とれます。

コロンブスがアメリカを発見する前後の時代、動乱のイタリアを舞台にした漫画ですが、聖職者として教育を受けたチェーザレがボルジア家の後継者として、またイタリアの覇者として次第に実力をつけていく様子が描かれていて興味深いです。

私は全くその当時の歴史に詳しくないので、あまりにも不案内なところは歴史背景や人物像を調べたりしながら読んでいますが、そうしなくても充分理解できる漫画です。

ミケランジェロやダヴィンチなどルネサンスの有名人が出てくるので、こういう風に歴史の舞台に登場したのか!とわかることも面白いですし、キリスト教やイスラム教という当時の人々を支配していた宗教がどのように人の生活に影響を与えていたのか、そしてそれがどのように人々に幸福と葛藤をもたらしたのか、登場人物たちの様子から理解できるところも素晴らしいです。

主人公チェーザレの立身出世物語というだけでなく、歴史や宗教、哲学にいたるまでありとあらゆる当時の文化を網羅し、詳説してくれる漫画なので、本当に読んでいて勉強になります。

全くこの当時の時代を知らなくても、理解の糸口になる解説が満載の漫画なので、少しでも歴史や宗教に興味のある方に読んでもらいたいです。


まずは無料お試しで読む!「U-NEXT」こちらをクリック!

「チェーザレ 破壊の創造者」の口コミはこんな感じ♪

出版社が変わろうが、何十年かかろうが、構いません!完成させてほしい、そんな作品です。仕上がりは編集者の調整手腕に大きく関わりそうなので、ぜひ作者に無理をさせないようにお願いしたいくらいです。

ボルジアは世界史好きなら無視できない題材。その証拠に高木彬光がかなり脚色して小説を、デュマの作品をかの大久保昭男が翻訳を。

それに、横溝正史翻訳(!)の小説もあります。それだけでも、面白く読める雰囲気が伝わってくると思います。

漫画というには美しすぎる絵柄、「ルネサンス」を汚さぬ驚嘆する美しさですから、美しい絵柄の好きな方も、きっと気に入るでしょう。

塩野七生著「優雅なる〜」が近年では有名ですが、「優雅なる〜」はこの作者の特徴である権威主義にロマンを夢見る感が否めず、それ以前の西洋の評価は真逆の感がすぎるため、他の見解を待ち望んでいました。

チェーザレのみならず、周囲の人物像の描き方にも興味がありますので、この先の展開がとても楽しみです!

塩野七海さんの「チェーザレ ボルジア あるいは優雅なる冷酷」などの愛読者やルネッサンス時期のイタリアに多少の興味のある方はもちろん、全く興味の無い方でも十分に楽しめる内容ではないでしょうか? 

一巻から三巻まではチェーザレを取り巻く男性陣のからみが殆どですが、全く飽きさせない展開で大人の漫画としても読み物としても満足のゆく内容です。

チェーザレ・ボルジアの実像に迫る重厚・華麗な作品!

知る人ぞ知る中世イタリアの策士。世界史ファンの中ならけっこう有名人。

枢機卿の息子に生まれるのですが、妻帯を許されないため表だって親子と公表されません。(周知の事実だからわざわざすることもなかったんだろうが・・・)

彼の下にも弟と妹がいるはずですが、行く末を知っているので惣領氏がどう描くか非常に楽しみです。

ね、あとはアナタの目で確かめてください~♪


まずは無料お試しで読む!「U-NEXT」こちらをクリック!

ws000003

他にも「U-NEXT」にはこんな漫画も♪

「チェーザレ 破壊の創造者」もイイですが、あとニャンゴローが気になった漫画もいくつか挙げてきまっす。

「闇金ウシジマくん」

後味の悪~い闇金融にまつわる破滅ストーリー!

「GANTZ」

地球外生物の星人たちとバトル!勝って生き残るメンバーは!?

「生贄投票」

スマホに突然表示された「生贄投票」というアプリが与えるのは社会的なあぼーん。

「ノゾ×キミ」

ちょっと大人向け!?見せあいっこする高校生の男女2人!

「ReReハロ」

はやく気が付いて!キュンキュン間違いないしのラブ漫画!

「源君物語」

女子にいじめられたショタ系男子のてんやわんや!

ほんとはもっとありますけど、ちょっと長くなるんで~(汗)

なんか1個でも興味あるのありましたら、ぜひ一緒に読んでみてください。

面白かったらニャンゴローの元に感想まってますwww


まずは無料お試しで読む!「U-NEXT」こちらをクリック!

「チェーザレ 破壊の創造者」を初めから買って読むなら!

こちらから飛んで、
「チェーザレ」で検索してみてください。

すぐ見つかるはずッ!


無料立ち読みも可能!「こみなび」

※あ、PCで見てる方はこちらです


国内最大級!期間限定キャンペーン中!「BookLive! (ブックライブ)」

ではでは~今日もお読み頂きありがとうございます!

今日もおつかれさまで~~~~~す!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>